<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パンチが足りない | main | がんばれ!! >>
私のなかのヘンタイな視点

世の中に蔓延するマザコン男子の主な要因は

紛れもなく母親にあると思う。

子離れできないムスコン母が

知らぬ間にマザコン男子を産出している。

そして大抵マザコン男子というのは、

「キモイ」と、世の女性から敬遠されるものだ。

うちは大丈夫!

そう思っている人こそ、キケンです!

おそらくお姑さんとお嫁さんとの間の不穏な空気は

「息子をとられた」と思うムスコン母の

強い怨念のようなものがあるからだと推測する。

お互いに「なるべく距離を置いて」が

嫁姑の仲を穏便に築かせる方法なのだろう。

(周りの友人たちの話を聞くに)

えー!と思う私である。

義理の母と仲良くしたい私の、えー!の叫び。

さぁて、義理の母と

仲良くするにはどうしたらよいか。

「愛する息子をとられた

   なんて思わないでくださいね」

と早い段階で安心させてあげられるか、が肝なのか?

それともマザコン男子の腕にかかっているのか?

日頃たいして人に好かれたい願望がない私でも

義理の母には好かれたい、というか嫌われたくない。

というか、ジブンが大事に思いたい。

「大事にしたい」の前提は、

やっぱり良好な関係だと思う。

これから先、どんどん増えていく大事な存在。

そこに至る、良好な関係の重要性。

結局、何が言いたいのかというとですね、

私はマザコン男子は結構ステキな存在だと思っており

そんな人が旦那になればもっとステキだと思っており

そしてムスコン母との楽しい時間を妄想して

気持ちを高めている最中なのです。

私が旦那を褒めれば、義母は最高に気分がよくなり、

義母が息子への愛を語らうものならば、

私は両者に感謝の気持ちを抱く。

なんて良好な関係なのでしょう!

「ちょっとお義母さんと旅行に行ってきますので」

と言えば

「そうなの?よろしく」と旦那が言う。

名付けて、義母コン。

え。

結婚ってめちゃ楽しそう・・・・・

ヘンタイな妄想でありんす。

「お母さんと仲良い?」「えっと、大好き?」

って今度から聞いてまわることにしよう。笑

まぁ理想と現実には大きな差がありそうだけどね。笑

それに四十ほどになって

「お母さんのお弁当の…」とか言われたら

さすがに私も引きそうだけど。笑

お若いから成立する、ということも

世の常なのかもしれない。苦笑

なんか悲しいオチになってしまった。笑

0