<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平和な脳みそ | main | 苦レモン >>
結婚の話

「お嫁さんになることが夢だった」

と幸せそうに報告してくれた友人の

「結婚なんてするものじゃない」発言は、

これから結婚する(かもしれない)

者にとって、あまりに残酷だ。

普段、菩薩のような友人の感情的な姿に

いたって冷静な私ではあるのだが、

やはりいろいろ考えさせられてしまう。

結婚するまでには各々の家族との

面倒な事柄を経なくてはならないが、

私には密かにやりたいと思っている「行事」がある。

私は相手のお母様と温泉旅行に行かせてもらい、

相手には私の父と盃を交わしてもらいたいのだ。

女には女同士の、男には男同士の

言葉以上の感覚のようなものがあると思う。

私は父親っこで、いつもクールな応対しかしないが

今でもおそらく結構なファザコンなのだろう。

父と話をしてもらえれば、

なんとなく「分かる」と思う。

ちなみにうちの父は雷親父ではないが、

非常に涙もろいので、それはそれで面倒だとは思う。

争いごとの嫌いな平和主義な父である。

男の子はみな母親のことが大好きだと思う。

だからこそ、私はきっと相手のお母様から

たくさんのことを感じ取れると思うのだ。

ムダに愉快な人だとうれしい。

結婚は自分たちさえよければいいって話ではない。

自分の家族だけではなく、相手のご家族にも

安心して見守ってほしいものである。

私は嫁にいく立場だし、

結婚の向こうには、これから大事にしていくべき

義両親や義兄弟の存在がある。

大切に大切に育てられた方との人生には

大きな存在があることを忘れちゃならないんだよね。

不毛な想いに駆られていないで、

結婚のことを真面目に考えねばと思った日である。

自身の気持ちと闘い、こんがらがる日々。

どうにもならない、の、どうしよう。

とりあえず寝てみよう。

 

0