<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 苦レモン | main | 思い出のマリーン >>
儚くも、うつくしく

本日は朝からバタバタしており、

心を鎮める間もなく、駆け足になってしまった。

通勤途中に、みな手を合わせ、頭を下げる。

日本って美しい国だなぁ、とつくづく感じる。

いつも暇そうにしている私も、

さすがにこの時期はバタつく。

みな、自分のことで手一杯なはずなのに

声をかけてくれるそのやさしさに

胸がぎゅんとなるのである。

まぁ、毎日、定時で帰っていれば、そうなるか。笑

そしてたぶん余計な心配をかけている・・

ゴメンナサイ、心配無用です。

昨晩ボスと一緒に仕事をしているときに

「息子と付き合ってみる?」って言われた。笑

12コ下・・・?

全然オッケー、こちらとしては。笑

なーんて、とっても素晴らしい子で

烏滸がましいって言われちゃうわね。

くっだらないことでゲラゲラ笑えて、

平穏にたのしく過ごせる人なら何も望まないわ。

日が延び、底冷えする日も少なくなってきた。

嵐のような忙しなさが去った頃には、

桜の蕾も大きくなっていることだろう。

0